SUBARU トヨタ 維持費(SUV)

【お悩み解決】RAV4とフォレスター比較|差はどこにある?おすすめは?

RAV4_フォレスター

 

SUVの人気車種である『トヨタ:RAV4』と『スバル:フォレスター』。

 

考えている人
似てるSUVだけど、どっちがオススメなの?
考えている人
やっぱRAV4の方が燃費良さそうだから、維持費はRAV4の方が安いの?

 

このようなお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?
本記事ではこのような悩みに答えていきたいと思います。
なお、本記事での比較は人気グレード同士で比較していきます。

 

得られること

  • どちらが総合的な性能が良い?
  • どちらが維持費が安い?
  • どちらがオススメ?

 

本記事の信頼性(私の職業)

  • 某自動車メーカー勤務
  • エンジン開発歴5年以上
  • 性能やコスト開発に携わっていて公平に評価できる

 

それでは、さっそく見ていきましょう!

 

性能が優れるのはRAV4

 

総合性能は下記項目に対して、同じ基準で評価しました。
購入価格は考慮していません。
単純に性能だけで比較しています。

 

比較項目

  • 積載性
  • 燃費
  • 出力
  • 安全性

 

結論

 

結論、総合性能で優れるのはRAV4となります。
『積載性』・『燃費』・『パワー』・『安全性』の全てを求めるのであればRAV4をご検討ください。

 

フォレスターの方が優位な性能はありませんでした。
ただ一点、安全装備はRAV4と同じ点数になります。

 

私個人としては安全装備はフォレスターの方が優れると思います。
RAV4とフォレスターどちらも試乗したことがありますが、追従機能や車線維持機能はフォレスター(アイサイト)の方が自然でした。RAV4は少しぎこちなく、フォレスターに比べると弱い印象があったため、安全装備を重視される方はフォレスターも検討してみてください。

 

それでは個々の車の評価結果をご覧ください。

 

RAV4は31点

 

まずはRAV4の性能について評価します。
点数の基準は後半に記載いたします。

 

評価の結果、RAV4の点数は31点となりました。

 

RAV4はガソリン車とハイブリッド車両方の設定があります。
今回は人気なハイブリッド設定かつAWDの設定で評価しています。

 

RAV4の燃費はSUVでトップレベルです
また積載性やパワー(出力)も文句ないレベルです。
全ての面で不満を感じることはないでしょう。

 

総合性能

RAV4

積載:トランク容量580L

燃費:MAX 25.2km/L

出力:MAX 314PS

安全:追従機能+自動ブレーキ

9

積載性

6

燃費

10

出力

6

安全性

 

フォレスターは22点

 

続いてはフォレスターの性能について評価しました。
同じく評価基準は後半に記載します。

 

結果、フォレスターの性能は22点となりました。
RAV4の31点よりかなり低い性能となります。

 

フォレスターにもハイブリッド設定がありますが、エンジン車とあまり燃費差はありません
またRAV4よりトランク容量やパワーも小さいです。

 

ただ、フォレスターのトランク容量やパワーは悪い数字ではありません。
平均値と比較すればとてもいい性能になります。
快適性も高く評価されていますので、数字で感じられない部分もあることをご承知おきください。

 

総合性能

フォレスター

積載:トランク容量520L

燃費:MAX 18.6km/L

出力:MAX 177PS

安全:追従機能+自動ブレーキ

8

積載性

4

燃費

5

出力

6

安全性

 

評価基準

 

上記項目で示していた点数の基準は以下の通りとなります。
同じ条件での評価となりますので公正公平での評価となります。

 

積載性 燃費 出力 安全性
10点 601L~ EV+~40 km/L  301 PS~ 自動運転レベル3以上
9点 ~600L ~40 km/L ~300 PS
8点 ~550L EV+~35 km/L  ~275 PS 自動運転レベル2
7点 ~500L ~35 km/L ~250 PS
6点 ~450L ~30 km/L ~225 PS +車線維持機能装備@高速時
5点 ~400L ~25 km/L ~200 PS
4点 ~350L ~20 km/L ~175 PS +追従機能装備@高速時
3点 ~300L ~15 km/L ~150 PS
2点 ~250L ~10 km/L ~125 PS +自動ブレーキ装備
1点 ~200L ~5 km/L ~100 PS 自動ブレーキ無

 

続いては、維持費に関して優劣をつけたいと思います。

ぜひ次項もご覧ください。

 

維持費が優れるのはフォレスター

結論

 

維持費はフォレスターの方がお得という結果になりました。
一見、燃費だけ見るとRAV4の方が良いので、維持費もRAV4の方が安いように思っていませんでしたか?

 

実は、燃費が悪いフォレスターの方が維持費は安いという結果になりました。
理由はいくつかあります。①車体の価格が安いのでローン額が低い②排気量が低いので税金が安く、車検費用も安いです。

 

詳細はぜひ以下の結果を参照ください。

 

RAV4の維持費

 

RAV4の月々・年間維持費と内訳は以下の通りです。

 

月々 年間
①車体価格 40,950円 713,470円
②自動車税 - 43,500円
③車検費用 - 84,630円
④オイル交換 - 12,996円
⑤ガソリン代 3,681円 44,175円
⑥駐車場代 8,300円 99,600円
⑦任意保険料 6,073円 72,870円
合計 59,004円 1,071,247円

月々5.9万円、年間107万円という結果になりました。

 

RAV4の維持費詳細は以下の記事に記載しています。
ぜひ気になる方は参照ください。

節約術も記載していますよ。

 

RAV4_HV_維持費
【裏技有】RAV4 HV 4WDの維持費|値引き・車検・ガソリン・保険の節約術紹介

続きを見る

 

フォレスターの維持費

 

フォレスターの月々・年間維持費と内訳は以下の通りです。

 

月々 年間
①車体価格 31,029円 594,423円
②自動車税 - 36,000円
③車検費用 - 76,430円
④オイル交換 - 12,996円
⑤ガソリン代 5,576円 66,912円
⑥駐車場代 8,300円 99,600円
⑦任意保険料 6,073円 72,876円
合計 50,978円 948,237円

月々5.1万円、年間95万円という結果になりました。

 

フォレスターの維持費詳細は以下の記事に記載しています。
ぜひ気になる方は参照ください。

節約術も記載しています。

 

フォレスター 維持費
【裏技有】フォレスター 月々・年間維持費|費用節約術・見積り取得術紹介

続きを見る

 

結局どっちがおすすめ?

 

性能面と維持費の結果をおさらいしてみましょう。

 

性能面 RAV4 フォレスター
積載性 9点 8点
燃費 6点 3点
出力 10点 5点
安全性 6点 6点
維持費 RAV4 フォレスター
月々 5.9万円 107万円
年間 5.1万円 95万円

 

維持費を重視するのであればフォレスターがお得です
燃費の良いRAV4ではなく、車体価格が安く排気量も小さいフォレスターが総合的には維持費が安くなるのです。
1年間で12万円の差があるので、5年間で60万円です。
少しでも節約をしたければフォレスターがおすすめでしょう。

 

ただ性能面や使い勝手を重視するのであればRAV4を選ぶのが良いでしょう。
基本的には全ての項目で優れるRAV4がおすすめかと思います。

 

この記事でRAV4、もしくはフォレスターがいいなと思った方は、以下のリンク先からディーラーに見積りを取得してみてください。
ホームページからではネット上で見積りを取得はできませんが、MOTAというサイト経由ではトヨタディーラーに見積りを依頼することができます
さらに同時にスバルのディーラーにも見積りを依頼できます。
2社のディーラーに行く必要がないので時間の節約ができます。おすすめです。

 

ぜひご活用ください。

 

値引き交渉についてもっと詳しく

 

以上、ありがとうございました。

-SUBARU, トヨタ, 維持費(SUV)

© 2021 CAR-ledge~カーレッジ~ Powered by AFFINGER5