トヨタ 維持費(SUV)

【裏技有】ライズの月々・年間維持費|費用節約術・見積り取得術紹介

ライズ_維持費_TOP

2020年で2番目に多く売れたクルマである『ライズ』。

 

考えている人
ライズを買っても負担が掛からないか維持費が知りたい!
考えている人
維持費を下げる方法があるなら知りたい!

本記事ではこのような悩みに答えていきたいと思います。

 

結論を先に申し上げると新車の場合、維持費は月60万円程度となります。
さらに維持費節約術として『KINTO』と『MOTAによる値引き術』をご紹介します。

 

この記事を読むことで数万円~数十万円お得にライズを所有・維持できますので、ぜひ最後まで目を通してみてください!

 

得られること

  • ライズの月々・年間維持費
  • 値引き交渉など費用節約術
  • お手軽見積り取得の方法

 

本記事の信頼性(私の職業)

  • 某自動車メーカー勤務
  • エンジン開発歴5年以上
  • 性能やコスト開発に携わっていて公平に評価できる

 

 

なお本記事は新車の維持費に特化して記載しています。
中古車でも問題ないという方は以下の記事もご参考にしてください。

 

ライズ買うなら中古が絶対おすすめ|その理由は?維持費はいくらお得?

続きを見る

 

それでは、さっそく見ていきましょう!

 

ライズの月々・年間維持費

月々2.4万・年間60万

結論から先に記載すると、ライズの月々・年間維持費と内訳は以下の通りです。

月々 年間
①車体価格 6,338円 298,126円
②自動車税 - 25,000円
③車検費用 - 58,030円
④オイル交換 - 12,996円
⑤ガソリン代 4,077円 48,924円
⑥駐車場代 8,300円 99,600円
⑦任意保険料 5,124円 61,490円
合計 23,839円 604,164円

 

月々2.4万円、年間60万円という結果になりました。

年間60万円であれば比較的維持費としては安いのではないでしょうか。

 

しかし、まだまだ維持費を下げることは出来ます!

次項から節約術をご紹介していますので活用していきましょう!

 

 

①車体価格

試算結果

ここからは個々の維持費内訳を紹介していきます。

まずは車体価格からご紹介します。

車体価格の試算条件は表の通りです。

グレード G・2WD
車体価格
・本体費用
・オプション
・諸費用
・値引き額
2,345,000円
1,895,000円
300,000円
300,000円
-150,000円
頭金 1,000,000円
ボーナス払(利息抜) 10万円/回
ローン期間 5年間
金利※トヨタファイナンス値 3.9%

頭金やローン期間、ボーナス支払い額は世間平均値としています。≫参考リンク

上記の条件をもとに試算した結果は次の通りです。

 

ボーナス
パターン
月々
※利息込
ボーナス
※利息込
①無し 24,710円 -
②5万円/回 15,524円 55,518円
③10万円/回 6,338円 111,035円

 

結果、月々・年間維持費は以下の通りとなります。

 

メモ

  • 月々:    6,338円
  • 年間:298,126円

 

考えている人
車体価格の維持費は節約できなんですか?

そのような疑問にお答えしていきたいと思います。

 

節約術:KINTOの活用

一つ目の維持費節約術である『KINTO』を紹介します。

 

トヨタのサブスクであるKINTOは、2021年現在で月々1,000件以上の申し込みがある人気急上昇中のサービスです。

 

KINTOの特徴

①月々定額

②維持費が安い

③めんどくさいことをしなくていい

④クレジットカードで支払い可能

⑤納期が2カ月程度と早い

 

考えている人
KINTOはなぜ維持費が安いのですか?

そんな方に向けてここで維持費が安くなる理屈をご説明します。

下図をご覧ください。

KINTO

 

通常、購入する場合は『新車=値引き+ご負担金+予定残価』の『ご負担金+予定残価』だけ支払います。

 

しかしKINTOの場合は、予定残価を差し引いた『ご負担金』の部分だけ支払うことになるのです。

 

そのため維持費が安くなるという理屈です。

 

ただ、KINTOのデメリットとして資産にならないことが挙げられます。
つまりクルマの買い替えの際、下取りに出せないということです。

 

考えている人
下取り金を受け取れないってことは損するってこと?

そう思われる方もいるでしょう。

 

そもそも下取り額というのは、上の図の『予定残価』に値します。

そのため、予定残価を最初から支払っていないKINTOとしては、別に損してはいないのです。

 

最初から支払わずに維持費を安くするか、後で支払った分を下取り額で返金してもらうかの違いなのです。

 

メリット・デメリットの詳細は以下の記事で解説していますので、興味がある方は参考にしてください!

RAIZE_KINTO_0
参考【KINTO ライズ】60万円維持費節約!メリット・デメリットを詳しく解説!

続きを見る

 

KINTOに興味がある方はホームページの方へ足を運んでみてください!

手続きフローは簡単で5分とかかりませんよ!

 

KINTOについてもっと詳しく

 

 

節約術:値引き交渉

続いてはMOTAというサービスを活用した値引き交渉について解説します。

 

MOTAというサービスを活用している方は月間65,000件。

一日当たり2,100件の新規登録者数なのです

とても人気なサービスとなっています。

 

MOTAの特徴

①ネット上でディーラー担当者と値引き交渉可能

②ネット経由で見積り取得も可能

③休日に店舗に行き数時間待たされる必要なし

④サイト側が値引きを積極的にサポート

⑤トヨタ&ホンダなど複数店舗に同時見積り可能

 

考えている人
サイト側からサポートしてくれるとなると月額料金かかるの?

このように思った方もいるでしょう。

 

実はこのMOTAは、登録も利用も無料なのです。

 

そのため、もしクルマの購入を検討中であればとりあえず登録し、見積書の発行をお願いしてみてはいかがでしょうか?

 

MOTAの登録フローは以下の記事に掲載していますので参考にしてください。

MOTA
参考新車購入価格をお得に節約するならMOTAで無料見積もり!ネットで値下げ交渉可能!

続きを見る

 

直接サイトに飛び、登録したい方はこちら!

値引き交渉についてもっと詳しく

 

 

②自動車税

試算結果

続いては自動車税を紹介します。

 

自動車税の支払い金額は以下の通り排気量ごとに設定されています。
ライズの排気量は1000ccであるため、自動車税は25,000円となります。

 

排気量 金額
※新車登録'19/10~
~1,000cc 25,000円
~1,500cc 30,500円
~2,000cc 36,000円
~2,500cc 43,500円

 

メモ

  • 月々:--円
  • 年間:25,000円

 

考えている人
自動車税は節約できなんですか?

そのような疑問にお答えしていきたいと思います。

 

節約術

考えている人
自動車税は税金だから節約なんてできないでしょ?

そう思っている方にお伝えします。

 

自動車税はクレジットカードで支払うことができます。

ライズであれば自動車税は25,000円となるため100円=1ptとしても年間250pt、5年で1,250pt獲得できるでしょう。

 

更に、楽天証券でポイント投資をすることでより節約することが可能となります。

楽天カード+楽天証券でポイント投資をまだされていない方はぜひ登録してお試しください。

 

楽天カードについてもっと詳しく

 

 

③車検費用

試算結果

続いては車検費用をご紹介します。

車検費用に関しては実施する場所によって金額が異なります。
今回の試算では楽天CAR車検の方に記載されている相場金額を用いたいと思います。

●車検費用相場 ※排気量~1.0Lの金額

正規ディーラー 83,930円
車検専門店 63,194円
ガソリンスタンド 58,030円

参考:link

 

メモ

  • 月々:--円
  • 年間:58,030円

 

考えている人
車検費用は節約できなんですか?

そのような疑問にお答えしていきたいと思います。

 

節約術:楽天車検

車検はディーラーで受けるという方にオススメの節約術である楽天車検をご説明します。

 

楽天車検の特徴

①豊富なラインナップから最寄店を検索可能

②口コミ、価格、条件を簡単に比較可能

③見積り&車検完了で楽天ポイントゲット

④利用は無料

 

楽天車検であれば楽天ポイントだけで数千円分、さらにその他オイル交換無料券などのサービスが受けられます。

 

楽天車検の利用フローは以下の記事に掲載していますので参考にしてください。

≫楽天車検の詳細記事はこちら

 

登録及び手続きは簡単&無料なのぜひチェックしてみてください!

 

楽天車検についてもっと詳しく

 

 

④オイル交換代

試算結果

続いてはオイル交換代をご紹介します。

ライズの純正オイルは『0W-20』という型のオイルになります。
ネットで販売されている0W-20オイルの価格を用いて試算します。

 

オイル価格3,498円+工賃3,000円を足しまして6,498円/回とします。
つまり年間オイル交換費用は12,996円となります。

 

メモ

  • 月々:--円
  • 年間:12,996円

 

考えている人
オイル交換は節約できなんですか?

そのような疑問にお答えしていきたいと思います。

 

節約術

オイル交換の節約術は2パターンです。

一つ目はオートバックスなどでオイルを自分で購入して、オートバックスなどで交換してもらうことです。

二つ目は、前項でもご説明した通り楽天CAR車検を通してオイル交換無料のクーポン券をゲットすることです。

 

ぜひどちらかを活用ください。

 

楽天車検についてもっと詳しく

 

 

⑤ガソリン代

試算結果

続いてはガソリン代をご紹介します。

ライズのカタログ燃費は次の通りです。

  • JC08:23.4km/L
  • WLTC:18.6km/L

上記の燃費の内、WLTC燃費は実燃費に近い走行を想定している燃費値となります。
そのため今回の試算ではWLTC燃費『18.6km/L』を使用いたします。

 

●試算条件・結果

  • 燃費:18.6km/L
  • 年間走行距離:7,000km※全国平均
  • ガソリン価格:130円/L

 

メモ

  • 年間
    7,000km÷18.6km/L*130円/L≒48,924円
  • 月々
    48,924÷12≒4,077円

 

考えている人
ガソリン代は節約できなんですか?

そのような疑問にお答えしていきたいと思います。

 

節約術:エネオスカード

おすすめ節約術がエネオスカードです!

 

エネオスカードの特徴

エネオスカードでガソリン代を支払うことで最大7円/L値下げすることができます。

 

仮に1カ月で100L給油する場合、700円/月・8,400円/年の節約効果があります。
ぜひたくさん給油する方は参考にしてください。
エネオスカード詳細は下記リンク先をクリック!

 

楽天車検についてもっと詳しく

 

 

⑥駐車場代

試算結果

続いては駐車場代をご紹介します。

駐車場代の全国平均は『約8,300円』となっていますので、この値で試算致しました。

最高と最安の金額は以下の通りです。
その他の都道府県平均は参照先をご覧ください。
※参照)都道府県駐車場代平均

  • 東京都:31,077円(最高)
  • 長野県:  4,144円(最安)
  • 北海道:  8,784円
  • 大阪府:26,475円
  • 福岡県:11,798円

 

メモ

  • 月々:8,300円
  • 年間:99,600円

 

考えている人
駐車場代は節約できなんですか?

そのような疑問にお答えしていきたいと思います。

 

節約術

駐車場は下記サイト『パーキングマーケット』で格安の場所を検索することが可能です。

 

パーキングマーケットの特徴

①掲載駐車場は相場の3割安い価格

②高セキュリティな駐車場を掲載

③当サイトにしか掲載していないお得な駐車場が多数

 

駐車場をお探しの方はサイトだけでもチェックしてみてください!

 

駐車場検索についてもっと詳しく

 

 

⑦任意保険代

試算結果

続いては任意保険代をご紹介します。

万が一の事故に備え多くの方が任意保険に加入すると思います。
今回の試算には『保険の窓口』というサイトにて、下記の条件で見積りした値を用います。

 

  • 使用用途:日常・レジャー
  • 年間距離:7000~7999km
  • 免許証:ゴールド
  • 免許停止歴:無し
  • 対人賠償:無制限
  • 対物賠償:無制限
  • 自動ブレーキ:有り
  • 補償範囲:本人限定

 

上記条件による下記3社の保険料を記載します。

月々 年間
SBI損保 5,124円 61,490円
アクサダイレクト 5,180円 62,160円
イーデザイン損保 6,543円 78,520円

今回はこの中で最安価格であるSBI損保の金額を使用いたします。

 

メモ

  • 月々:5,124円
  • 年間:61,490円

 

考えている人
保険は節約できなんですか?

そのような疑問にお答えしていきたいと思います。

 

節約術:保険の窓口

保険の窓口は以下のような特徴があります。

保険の窓口の特徴

①保険の窓口では皆様のお好み条件で一括で複数社の見積りを取得可能!

②無料で試算でき、5分もかからない!

 

保険会社にこだわりがないのであれば、無料ですしぜひお試しください。

 

 

 

お手軽見積り取得の紹介

さて購入を検討中の方にお得に見積りを取得する方法をご説明します!

 

上記でもご紹介しましたがMOTAを駆使して見積り取得をすることができます。

 

考えている人
コロナ禍で、見積り取得のためにディーラーに行きにくい…
考えている人
休日はゆっくりしたいのでディーラーに行きたくない…
考えている人
見積り依頼するだけなのに待ち時間が長い…

上のように、新車の見積り依頼をするにも中々気分がのらないことも多いでしょう。

 

そんな方にオススメなのがMOTAを駆使した見積り取得です。

 

前項でもお伝えしましたが、

このサービスを活用している方は月間65,000件。

一日当たり2,100件の新規登録者数なのです

ぜひあなたも活用してみましょう!

 

このサービスを駆使することで、

日常の隙間時間で見積もり取得や値引き交渉をすすめることができます。

せっかくの休日をディーラーでの待ち時間で無駄にすることもなくなるのです!

 

無料&数分で作業完了なのでぜひトライしてみてください。

 

新車見積りについてもっと詳しく

 

さいごに

いかがでしたでしょうか?

改めておさらいすると維持費は以下の通り。

  • 月々:  23,839円
  • 年間:604,164円

何も節約術を講じなければ、月々2.4万円・年間60万円です。

しかし節約術を講じれば、数万円お得になり生活が楽になります

維持費を安く抑えたいと思う方は今一度、下記の節約術をご確認ください

 

✔節約術

●車体価格①

KINTOについてもっと詳しく

 

●車体価格②

MOTAについてもっと詳しく

 

以上、ありがとうございました!KINTOの記事もご参考に!

https://www.rough-ni-ikou.com/raize-kinto/

-トヨタ, 維持費(SUV)

© 2021 CAR-ledge~カーレッジ~ Powered by AFFINGER5