SUV クルマ紹介 マツダ

【マツダCX-30まとめ】ちょうどいいサイズのSUV、燃費や安全機能の特徴は?

CX-30

こんにちは、だいです。

2019年に発売開始されたマツダのCX-30。
ワールドカーオブザイヤーでTOP3に入るなど、世界中で人気がある車種となっています。

そんなCX-30ですが、サイズ感としては前後にCX-3とCX-5があり、顧客としてはどれを選べかイマイチわからないと思います。
しかしマツダが言っている通り、CX-30は”しっくりくる”ちょうどいいSUVなのです。

ではその内容について解説していきます。

性能評価

評価結果

◆評価項目
下記4点の項目に関して採点します。
評価基準は次項目で示しています。

●積載性
●燃費
●パワー
●安全機能

性能評価

CX-30

積載:トランク容量430L

燃費:MAX 17.0km/L

出力:MAX 180PS

安全:追従機能+自動ブレーキ

6

積載性

4

燃費

5

パワー

4

安全機能

評価基準

●積載性

10点 601L以上
9点 551~600L
8点 501~550L
7点 451~500L
6点 401~450L
5点 351~400L
4点 301~350L
3点 251~300L
2点 201~250L
1点 200L以下

●燃費(WLTC)
※最高グレードの性能で評価

10点 35~40 km/L + EV走行可
9点 35~40 km/L
8点 31~35 km/L + EV走行可
7点 31~35 km/L
6点 26~30 km/L
5点 21~25 km/L
4点 16~20 km/L
3点 11~15 km/L
2点 6~10 km/L
1点 0~5 km/L

●パワー
※エンジンとモーター考慮したシステム出力とする
※最高グレードの性能で評価

10点 301 PS以上
9点 276~300 PS
8点 251~275 PS
7点 226~250 PS
6点 201~225 PS
5点 176~200 PS
4点 151~175 PS
3点 126~150 PS
2点 101~125 PS
1点 100 PS以下

●安全機能
※最高グレードの性能で評価

10点 自動運転レベル3以上
8点 自動運転レベル2
6点 +車線維持機能装備@高速時
4点 +追従機能装備@高速時
2点 +自動ブレーキ装備
0点 自動ブレーキ無

特徴

エクステリア

「その凛とした存在感が、内なる感性を刺激します」

伸びやかな美しさと、SUVらしい力強さを表現。
大胆にブラックアウトしたボディ下部や、妖艶にして迫力のある豊かな造形など
光の移ろいで一瞬ごとに違う表情を見せる、凛としたデザインに仕上げました。

引用:Mazda公式HPより

シームレスなデザインや、雅な質感がまさしく”美しさ”を際立たせていると感じます。
SUVというと、どうしてもアウトドアであったり、ファミリーなイメージになりますが、このCX-30は都会にも映える上級なデザインとなっています。

CX-30

CX-30_ext
引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-30/design/

インテリア

「同じ気持ちを大切な人と共有できる、豊かな時間が流れます」

素材や仕立てまで徹底的に突き詰めた質感から、使いやすさにこだわり抜いたラゲッジルームまで。
乗る人すべてが居心地のよさに包まれる、ゆとりある豊かな空間が広がります。

引用:Mazda公式HPより

マツダらしい高級感のある室内となっています。
240万円からの価格帯では中々無い高級感、ステータス向上となるのではないでしょうか。

CX-30_int

CX-30_INT_2
引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-30/interior/

積載性

CX-30の積載量は430L
同サイズ感の他車のSUVと比較すると、以下の通りです。

マツダ:CX-30 430L
トヨタ:CH-R 318L
ホンダ:ヴェゼル 404L
スバル:XV 385L

同クラスの中では最大レベルの積載性と言えるでしょう。
ただ、CX-5等の1ランク上のサイズでは500L以上となるため、
より積載性を求めるのであれば、1ランク上のサイズ感を求めていただければと思います。

CX-30_trank
引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-30/interior/functionality/




燃費

燃費は最高グレードのSKYACTIVE-Xエンジンで17.0[km/L]となっています。
その他のグレードは主に以下の通りです。

●SKYACTIVE-G 2.0

2WD 6AT 15.4
6MT 16.2
4WD 6AT 14.8
6MT 15.6

●SKYACTIVE-D 2.0

2WD 6AT 19.2
6MT
4WD 6AT 18.4
6MT

●SKYACTIVE-X 2.0

2WD 6AT 16.8
6MT 17.0
4WD 6AT 15.8
6MT 16.4

上記の燃費はWLTCという計測モードの燃費になります。
これまで一般的だったJC08モードで換算すると19km/Lレベルの燃費となるため、SUV×ガソリン車でここまでの性能はコスパがいいと言えるでしょう。

パワー

パワーは最高グレードのSKYACTIVE-Xエンジンで180[PS]となっています。
その他のグレードは主に以下の通りです。

●SKYACTIVE-G 2.0

2WD 6AT 出力:156[PS]
トルク:199[Nm]
6MT
4WD 6AT
6MT

●SKYACTIVE-D 2.0

2WD 6AT 出力:116[PS]
トルク:270[Nm]
6MT
4WD 6AT
6MT

●SKYACTIVE-X 2.0

2WD 6AT 出力:180[PS]
トルク:224[Nm]
6MT
4WD 6AT
6MT

出力ではSKYACTIVE-Xのエンジンに軍配が上がりますが、トルクではSKYACTIVE-Dのエンジンの方が強いです。

出力はエンジンが高回転の時に行くにつれて上がっていくので、坂道を走る頻度が多い方やよく高速道路を使う方などはSKYACTIVE-Xの方をオススメします。

安全機能

CX-30には、マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)という車間距離を一定に保つ機能がついています。

このMRCCの主な機能は、
下記の通りで運転手の負担も軽減してくれます。
●車間距離を保つ
●設定した速度で自動走行
●前方走行車に追従してくれる機能

CX-30_safe
引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-30/safety/i-activsense5/

先進機能(コネクテッド)

マツダはCX-30からコネクテッドサービスを導入しました。
『安心×快適×楽しむ』を合言葉にそれぞれのサービスを展開しています。

●安心
例えば…
事故や急病、走行不能となる重大故障が発生した場合も、クルマがオペレーターとつながることで迅速な緊急車両及びロードサービスや修理案内までを行います。
一番不安な“もしも”の場面でも、これまで以上の安心を感じていただけます。
引用:Mazda公式HPより

●快適
例えば…
スマートフォンアプリと連携することで、クルマの状況やドアの閉め忘れなどを通知するサービスをご利用いただけます。
日常のちょっとした場面で、より快適なカーライフを実感いただけます。
引用:Mazda公式HPより

●楽しむ
例えば…
わざわざクルマを見に行かなくても、スマートフォンアプリで愛車のエンジンオイル量や燃料残量が確認でき、ナビの目的地設定も簡単に行えます。
愛車との距離感が縮まり、よりスマートにドライブを楽しんでいただけます。
引用:Mazda公式HPより

Mazda_conect
引用:Mazda公式HPより

まとめ

CX-30は240万円からの高すぎない価格帯であるため手が出しやすい商品です。

●最新の安全機能
●燃費×パワーの両立
●高級感

これらを求める方にオススメの商品ではないでしょうか!

以上、ありがとうございました<m(__)m>

 

-SUV, クルマ紹介, マツダ

© 2021 CAR-ledge~カーレッジ~ Powered by AFFINGER5