SUV

キックス|ヤリスクロスよりおすすめ?ジャーナリストの評価は?内外装や走りを解説!

キックス

こんにちは、だいです。

2020年春に日産から発売された完全新型車のキックス!

●コンパクトSUVなのに広い荷室
●十分な燃費性能
●プロパイロット搭載の先進安全完備

コンパクトながらもSUVらしい力強さも兼ね備えたキックスについて解説していきたいと思います!

実用性はヤリスクロスよりおすすめ?

評価結果

◆評価項目
下記4点の項目に関して採点します。
評価基準は次項目で示しています。

●積載性
●燃費
●パワー
●安全機能

性能評価

キックス

積載:トランク容量423L

燃費:MAX 21.6km/L

出力:MAX 129PS

安全:車線維持・駐車支援付

6

積載性

5

燃費

3

パワー

6

安全機能

 

コンパクト車でありながら423Lの荷室は十分!
しかもプロパイロットが搭載されているので安全機能も充実しています。
積載性と安全性、いろいろ込でもキックスはおすすめと言えるでしょう。

評価基準

●積載性

10点 601L以上
9点 551~600L
8点 501~550L
7点 451~500L
6点 401~450L
5点 351~400L
4点 301~350L
3点 251~300L
2点 201~250L
1点 200L以下

●燃費(WLTC)
※最高グレードの性能で評価

10点 35~40 km/L + EV走行可
9点 35~40 km/L
8点 30~35 km/L + EV走行可
7点 30~35 km/L
6点 25~30 km/L
5点 20~25 km/L
4点 15~20 km/L
3点 10~15 km/L
2点 5~10 km/L
1点 0~5 km/L

●パワー
※エンジンとモーター考慮したシステム出力とする
※最高グレードの性能で評価

10点 301 PS以上
9点 275~300 PS
8点 250~275 PS
7点 225~250 PS
6点 200~225 PS
5点 175~200 PS
4点 150~175 PS
3点 125~150 PS
2点 100~125 PS
1点 100 PS以下

●安全機能
※最高グレードの性能で評価

10点 自動運転レベル3以上
8点 自動運転レベル2
6点 +車線維持機能装備@高速時
4点 +追従機能装備@高速時
2点 +自動ブレーキ装備
0点 自動ブレーキ無




ジャーナリストの評価は?内外装や走りを解説!

内外装

下記の動画で詳しく紹介されていますので、ぜひご覧ください!

積載性

キックスの積載量は423L
同サイズのトヨタのヤリスクロス等と比較すると、以下の通りです。

トヨタ:ライズ 369L
日産:キックス 423L
トヨタ:ヤリスクロス 390L

コンパクト車の割には十分な積載性ではないでしょうか。
下の動画にもありますが、ゴルフバックもしっかり積めるみたいですよ!

燃費

燃費はハイブリッド車で21.6[km/L]となっています。
キックスはハイブリッド車しかないので一択になります。

●ハイブリッド(1.2LNA)

2WD - 21.6

 

上記の燃費はWLTCという計測モードの燃費になります。
これまで一般的だったJC08モードで換算すると30.0km/Lレベルの燃費となります。

日産のハイブリッドの特徴は、街乗りには適していますが高速道路には向かないというところです。
高速道路を多用される方はパワー不足に加え、燃費にも少し不満を抱くかもしれません。



パワー

パワーはガソリン車で129[PS]となっています。
その他のグレードは主に以下の通りです。

●ハイブリッド(1.2LNA)

2WD - 129[PS]
103+α[Nm]

 

試乗レビューはぜひ以下の動画を見てみてください!

安全機能

キックスには日産の先進安全機能であるプロパイロットが搭載されています。
車間距離や車線維持、さらには駐車支援機能も搭載されています。
安全機能は十分と言ってもいいでしょう。

結論:ヤリスクロスよりオススメ

キックスは積載性・燃費・安全の3拍子が揃った実用性の高い車です!

●423Lの積載性
●20km/Lを超える燃費
●車線維持やの駐車支援機能搭載

これらを求める方にオススメの商品ではないでしょうか!

以上、ありがとうございました<m(__)m>

以下も併せてお読みください!(^^)!

https://www.rough-ni-ikou.com/yaris-cross/

 

-SUV

© 2021 CAR-ledge~カーレッジ~ Powered by AFFINGER5