SUBARU クルマ紹介 ワゴン

【インプレッサスポーツまとめ】運転が苦手な人にオススメしたいストレスフリーな車

IMP_SPORT_EXT_1

こんにちは、だいです。

2016年にカーオブザイヤーを受賞しているスバルのインプレッサスポーツ。
セダンとワゴンタイプがありますが、今回はワゴンタイプについて紹介します。

インプレッサスポーツの良さは、以下のような点が挙げられます。
●視界が良く運転がしやすい
●ゆとりがある快適な車内空間
●SUV級に荷物が乗る積載性
●運転が気持ちいと感じる動的質感

ストレスを感じず人生を豊かにしてくれる車で、安心と愉しさを五感で感じることができる車だと思います。

”運転が苦手だから燃費やパワーよりも、安心感があってストレスフリーな車が欲しい”

そんな方にオススメです(^▽^)/

ではその内容について詳しく解説していきます。

性能まとめ

評価結果

◆評価項目
下記4点の項目に関して採点します。
評価基準は次項目で示しています。

●積載性
●燃費
●パワー
●安全機能

性能評価

インプレッサスポーツ

積載:トランク容量385L

燃費:17.2km/L(JC08)

出力:MAX 154PS

安全:追従機能+自動ブレーキ

5

積載性

3

燃費

3

パワー

6

安全機能

評価基準

●積載性

10点 601L以上
9点 551~600L
8点 501~550L
7点 451~500L
6点 401~450L
5点 351~400L
4点 301~350L
3点 251~300L
2点 201~250L
1点 200L以下

●燃費(WLTC)
※最高グレードの性能で評価

10点 35~40 km/L + EV走行可
9点 35~40 km/L
8点 30~35 km/L + EV走行可
7点 30~35 km/L
6点 25~30 km/L
5点 20~25 km/L
4点 15~20 km/L
3点 10~15 km/L
2点 5~10 km/L
1点 0~5 km/L

●パワー
※エンジンとモーター考慮したシステム出力とする
※最高グレードの性能で評価

10点 301 PS以上
9点 275~300 PS
8点 250~275 PS
7点 225~250 PS
6点 200~225 PS
5点 175~200 PS
4点 150~175 PS
3点 125~150 PS
2点 100~125 PS
1点 100 PS以下

●安全機能
※最高グレードの性能で評価

10点 自動運転レベル3以上
8点 自動運転レベル2
6点 +車線維持機能装備@高速時
4点 +追従機能装備@高速時
2点 +自動ブレーキ装備
0点 自動ブレーキ無

特徴

エクステリア

Dynamic × Solid

人生を美しく塗り替えるデザインへ。

本当に意味のある機能だからこそ、長く愛される。インプレッサに込められたデザインフィロソフィー。
そこには本質的なデザインを追求するSUBARUが辿り着いた、新時代のカタチがあります。
「安心」をイメージさせるソリッドな塊感。「愉しさ」を感じさせるダイナミックな躍動感。
この2つを融合することで、クルマの存在感を際立たせ、乗る人を心地良く刺激する。
「ダイナミック×ソリッド」。揺るぎない哲学から生まれた、本物の美しさをあなたの人生に。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/design/exterior.html

スタイリッシュなデザインで日常の使用でも、ワクワクするような感覚を引き立ててくれそうです。
また、窓ガラスが大きく、本当に死角が少ないのが特徴です。
見た目のデザインだけでなく、安全性までこだわりぬいたデザインとなっています。

IMP_SPORT_EXT_1
IMP_SPORT_EXT_2
引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/design/exterior.html

インテリア

ダイナミックで流線的なデザインが躍動感を掻き立てます。
車内空間も快適でゆとりがあります。

車高も乗り降りしやすい高さで設計されており、お子さんを載せるのも疲れない設定になっています。
”人”のことを考え抜いているからこそ、細部までこだわりの詰まった仕様となっています。

フロントガラスUVカット仕様のものもあるそうなので女性の方も安心できる室内空間ですね!


IMP_SPORT_EXT_4
IMP_SPORT_EXT_3
引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/design/interior.html

積載性

MAZDA6の積載量は385L
同サイズのMAZDA3等と比較すると、以下の通りです。

マツダ:MAZDA3(ワゴン) 295L
トヨタ:カローラスポーツ 333L
スバル:インプレッサスポーツ 385L

他社の同サイズ車と比べると、圧倒的に優れる積載性です。
ゴルフバッグはもちろん、自転車さえも余裕で載ってしまいます!

IMP_SPORT_INT_2
IMP_SPORT_INT_3
引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/utility/package.html

燃費

燃費は最高グレードのFB16エンジンで17.2[km/L]となっています。
その他のグレードは主に以下の通りです。

●FB16

2WD
CVT 17.2
4WD CVT 16.2

●SKYACTIVE-G 2.0

2WD
CVT 17.0
4WD
CVT 16.8

上記の燃費はJC08という計測モードの燃費になります。
これから一般的となるWLTCモードで換算すると14km/Lレベルの燃費となります。

パワー

パワーは最高グレードのFB20エンジンで154[PS]となっています。
その他のグレードは主に以下の通りです。

●FB16

2WD
CVT 115[PS]
148[Nm]
4WD CVT

●SKYACTIVE-G 2.0

2WD
CVT 154[PS]
196[Nm]
4WD
CVT

出力に関しては1.6Lのエンジンでは少し力不足感があるかもしれません。
2.0Lと大きく燃費が変わらないため、2.0Lをおすすめします。

安全機能

スバルにはアイサイトという運転支援システムがついています。

アイサイトにより、前にいる車が急に減速したりした場合は自動減速して衝突を回避します。運転に慣れていない方にはSUBARU車がとてもおすすめです。

アイサイト
出典:https://www.subaru.jp/forester/forester/

アイサイトに備わっている主な機能は以下の通りです。

●追従機能(全車速)
●車間距離維持
●車線中央維持
●車線逸脱抑制
●プリクラッシュブレーキ
●後退時ブレーキアシスト
●誤発進防止制御
●後側方警戒支援

ほとんど自動運転車と言ってもいいくらいの機能が備わっております。
運転に自信がない方にとってもおすすめです。

結論

インプレッサスポーツは200万円からというお手頃な価格ながら、乗る人のことを考え抜かれた安全性と愉しさを味わうことができます。

●運転のしやすさ
●最高峰の安全性
●ストレスフリーで楽しい

これらを求める方にオススメの商品ではないでしょうか!

以上、ありがとうございました<m(__)m>

以下も併せてお読みください!(^^)!

https://www.rough-ni-ikou.com/golf-car/

-SUBARU, クルマ紹介, ワゴン

© 2021 CAR-ledge~カーレッジ~ Powered by AFFINGER5