エンジン知識

【欧州車のトレンド 48Vハイブリットシステムとは?】日本でも一般的になるのか?

48Vハイブリッドシステム

こんにちは、だいです。

2020年現在、メルセデスやアウディなど欧州車のトレンドになっているのが48Vハイブリットシステムである。
✔この48Vハイブリットとは何か?
✔他のハイブリッドとは何が違うか?
✔今後日本でも一般的になるのか?
これらに対して解説していきます。

48Vハイブリットシステムについて

48Vハイブリットとは何か?

48Vハイブリットシステムとは、48Vの電圧を用いたハイブリットシステムのこと。
この48Vの電圧はマイルドハイブリッド(MHEV)というカテゴリーに分類される。
これまで一般的だったマイルドハイブリッドは12Vの電圧を用いたものだった。
12Vハイブリットシステムの例でいうと、HondaのVEZEL(i-DCD)や、SUBARUのXV(e-BOXER)などである。

また、トヨタのプリウスや日産のノート等はストロングハイブリッド(SHEV)に分類される。
これらの電圧は60V以上の高電圧という部類に当たる。実際の電圧は数百ボルトにもなるのです。

他のハイブリッドとは何が違う?

12Vシステムとの違いと、高電圧システムとの違いについて述べたいと思います。

◆12Vに対するメリット
・電圧が高くなるので出力も高くなる
⇒エンジンが苦手な低速域をカバー
⇒⇒燃費が良くなる

◆12Vに対するデメリット
・消費電力量が増える
⇒大きなバッテリーが必要となる
⇒⇒搭載性に課題
⇒⇒コストUPにもなる

◆高電圧に対するメリット
・消費電力量が圧倒的に少ない
⇒大きなバッテリーが不要
⇒⇒搭載性が楽
⇒⇒コストも圧倒的に安い

◆高電圧に対するデメリット
・バッテリー容量が小さい
⇒EV走行距離が短い

・電圧(=出力)が小さい
⇒エンジン仕事が増え燃費悪化

基本的には出力や燃費などの性能面では、12V<48V<高電圧と電圧順に並びます。
しかしコストや搭載性などを考慮すると、12V<48V<<<<<高電圧くらいのレベル感になります。48Vは12Vと同等のレベル感(扱いやすさ)で性能向上を図れるというわけです。

欧州で48Vのニーズが高まる理由は?

現在欧州ではメルセデスやBMW、Audiなどで48Vシステムのニーズが高まっています。
その主な理由は下記2点。
①SHEVの技術開発に遅れをとっているため
②欧州の環境規制に対応するため

これらの理由は次の通りです。

SHEVの技術開発に遅れをとっているため

SHEVはトヨタのTHSや、日産e-POWERなどのようにモーターを2つ搭載する必要があります。2モーターを上手に駆動させるには大変な制御を組まなければいけません。さらにその制御システムの多くはトヨタのTHS(トヨタ・ハイブリッド・システム)に特許を独占されていて、網をくぐることが難しいのです。

それに対し48Vシステムは「LV148」という標準規格が欧州で策定されたことで手軽に、且つ共通システムで開発ができるようになりました。
この規格はアウディ、フォルクスワーゲン、ポルシェ、ダイムラー、BMWの5社が48Vマイルドハイブリッドを共通化することを2011年に合意したもので、2013年に標準規格「LV148」を策定しました。
それをもってサプライヤーに協力を呼び掛け、量産車を開発している次第です。

結論としては、現状1社独自のSHEVシステム開発は困難であるため、欧州で48Vシステム標準規格を策定し協力しながら開発しているということです。

欧州の環境規制対応のため

欧州では、世界で最も厳しいCO2規制が2021年から施行されます。
それは95g規制とも呼ばれています。
CO2排出量95gを基準として算出される各社企業平均規制値に対し、1gオーバーすると95ユーロ(日本円で1万円程度)を罰金として納める必要があります。
この罰金額を減らすために各社電動化を推進しているのです。

この基準はストロングハイブリッドでも達成が難しいのです。
そのため、ストロングハイブリッドで車体価格を膨れ上がらせ且つ罰金も払うのか、48Vシステムで車体価格を抑えて罰金額を減らすのか、各社戦略を練っているのでしょう。

今後日本でも主流となるのか?

近頃ではスズキのスイフトから48Vシステムのハイブリッドを欧州向けに発売しました。しかし日本向けの発売情報はないことから、まだ日本では一般化にはならないと考えられます。
すでにトヨタ:THSや、Honda:eHEV、日産:e-POWERなど国内大手3社は独自のSHEVシステムを完成させています。販売台数も多いことから原価もさげられるため48Vシステムを投入する可能性は低いように感じます。
しかしスズキやダイハツなどのコンパクト車メーカーはSHEVシステムを搭載すると原価は大幅に上がりますし、バッテリーやモーターを搭載するスペースもありません。そのためスズキのスイフトのような48Vシステム車を今後取り入れてくると考えられます。

ぜひ今後の動向に注目したいところです。

以上、48ハイブリッドシステムに関する解説でした。
この情報については下記の雑誌にも詳しく掲載されていますので参考にしてみてください。

created by Rinker
¥1,701 (2021/10/19 11:30:16時点 Amazon調べ-詳細)

以上、ありがとうございました。

 

-エンジン知識

© 2021 CAR-ledge~カーレッジ~ Powered by AFFINGER5